当ブログ「読んでも書いても楽しい!」は、執筆好きな方も読書好きな方も、小難しいこと抜きで楽しめるブログを目指しています!

執筆部屋を快適に!執筆意欲を上げるためのおすすめアイテムをご紹介~小物編~

前回に続き、管理人が実際に使っている執筆環境をご紹介していきたいと思います。

実際に買ってよかったなあというものを載せていますので、ご参考になれば幸いです。

形から入るって意外と大事ですしね…より力を発揮できる環境になるのであれば、多少の出費は十分プラスの価値をもたらしてくれます。

前編はデスク・椅子編、今回の後編は小物編です。ではでは、各小物アイテムの紹介をどうぞ!  

 

ノートパソコン派は必見! PCスタンドで肩こりや目の疲れ軽減!

ひとつ目はエレコムさんから発売されているPCスタンドです! ノートPCってキーボードが基準でモニターの位置が決まってしまうため、どうしても目線が低くなりがち。結果的にどんどん頭が前に出てきてしまいます。

すると頭の重みに負けて猫背が助長され、肩も首もこるし目も疲れるし…とどんどん悪い流れになってしまうというカラクリがあります。

そこで管理人はこれを買いました!エレコムさんのPCスタンドです。スタンドでPCの位置が高くなることで、目線も自然と無理のない高さに向くわけです。

一口にPCスタンドといってもたくさんの種類がありますが、中でもこのスタンドが優れている点について説明します!

PCスタンド

PCスタンド 実際にPCを載せてみるとこんな感じ

 

おすすめポイント1:高い安定感と、キーボード入力の際に邪魔にならない固定部分

このPCスタンドで注目して頂きたい点のひとつとして、PC本体を固定する部分の出来の良さがあげられます。

写真の下の部分、爪のように白いパーツが出てPCを支えていますよね。これ、地味に大事なところなんです。

スタンドによっては、この部分がせり出しすぎていて手首に当たったり、中央にあることでキータッチの際邪魔になったりします。

創作をはじめ、頻繁にキーボードを使う人にとってこれはかなりのストレス。よって、この部分のパーツは薄い方が使い心地がいいんですが、薄くすると今度はPCが落ちてきやすいというデメリットが生まれます。

せっかく集中しているときにPCが落ちてくるようでは、これも非常に煩わしいところ。

ところがこのエレコムのスタンドは、この部分の高さが可動式になっており、しっかりとPCを挟むようにして固定ができます。

管理人のパソコンはけっこう薄型なんですけど、これにフィットして安定し、且つ手首に当たることもありません。

挟む作りになっているため最小限のサイズでできており、これなら誰が使ってもそうそう手首に当たることはなさそうです。

PCスタンド 留め具部分 意外とここ大事

 

おすすめポイント2:使わないときは容易に折り畳み。移動先でもすぐに使いやすい

もう一点のおすすめポイントは、優れた携帯性です。カンタンに折りたたんで片づけることができて部屋がすっきりしますし、出張や家以外でPCをよく使うという方にも心強い味方となってくれます。

実際に折りたたむとこんなにコンパクトになります。

折りたためるPCスタンド

軽いのに実際に使う時は安定感もあります。あまり質のよくないスタンドだとキーを打つきにガタガタ揺れたりもしますが、管理人が使っているうえで不安定と感じたことはありません。

 

というわけで、エレコムのPCスタンドは

ノートパソコンを長時間使って猫背や肩こりが辛い…

PCスタンドを使ってみたけど、キーを打つときに邪魔でストレスだった

どこにでも持ち運べるPCスタンドが欲しい

といったニーズがある方にぴったりです!

角度を二種類から選べたり、そもそもの安定感がしっかりあったりと質が高い製品です。ノートパソコンを使って執筆・作業をされる方におすすめですよ。

長時間キーボードを使うからこそ手首のケアを…おすすめリストレスト

二つ目はリストレストです。執筆中はなんといっても延々キーボードと向かい合いますから…
長時間手首が浮いたまま作業をすると徐々に痛みが…かの有名な腱鞘炎というやつですね。
そこで各メーカーさんから出ているのがリストレストというわけです。手首に置き場を作ってくれ、負担軽減に大きく役立ちます。
中でも管理人のお気に入りはこれ。
リストレスト
打ち上げられたナマコのよう…ゆるキャラ(?)なたたずまいの彼。正体はサンワサプライさんから発売されているリストレスト(写真はMサイズ)になります。
リストレスト自体は各メーカーさんから出ているわけですが、中でも気に入っている点としては
1、生地がさらさらで、長時間使っていてもムレない
2、ふかふかで且つ安定感がある。キーボード操作に影響が出ない
3、ゴムなどの嫌な臭いがしない
この3つです。特に生地の触り心地の良さは気に入っており、夏場でも不快感なく使えるのは大きいと感じています。
後悔した点としては、この製品はS・M・Lの3つがある(Sはマウス用)のですが、Mを買ってしまったこと。
Mでもキーボードの幅分はカバーできているんですが、どうしても使っているうちに肘が開いてきたりするんですよね。
値段も大して違わないので、Lにすればよかったなと…。物自体は気に入っているので、いっそLを買いなおそうかと考えています。
もう1点注意としては、前回の椅子もそうですがこういった製品は使い手によって好みの感触が別れるところが大きいと思います。
家電量販店などに行くと、大抵はパッケージの一部に触れる部分があったりするため、店頭でチェックして買うのが確実だと思います。
というわけで、このリストレストは
キーボードの使いすぎで手首が疲れる…
リストレストって臭いやムレが気になる
といった悩みをお持ちの方に合うものとなっています!

執筆中のコーヒーをおいしくするために…Hydro Flaskのマグがおすすめ!

今回最後となるのはちょっと番外編的なこちら!
ハイドロフラスクのマグ
まさかのマグカップ…ですがですが、執筆中のコーヒータイム、あるいはドリンクタイムって非常に重要なもの!
このHydro Flask(ハイドロフラスク)のマグカップは、管理人がとあるカフェで出されたところを一目惚れして買いました。
雑貨屋さんなどで見たことがある、あるいはすでに使っているという方も多いかと思います。ハワイで大人気のメーカーさんなんだとか。
こちら、本来はアウトドア用のボトルなどを多く取り扱っているメーカーさんということもあり、なんといってもその保温性・断熱性が優れています。
外の温度などにもよりますが、フタを閉めていれば60°の保温が6時間以上、保冷は24時間も可能とのこと…!(マグで飲み口が開いたフタを使っていると6時間よりは早く冷めているかも?それでも十分な保温力ですが)
フタを閉めたままでも飲めるように飲み口がついていて便利。一度コーヒーを淹れてフタをすれば、うっかり執筆に集中しすぎて冷めてしまった…ということは無くなります。
また、断熱性がすごいので熱々コーヒーを淹れた直後でも全くマグが熱くなりません結露もゼロなので、コースターなしでも問題なくデスクに置けちゃいます。
ハイドロフラスク ドルチェグスト
このマグにドルチェグストを使ってカプチーノを淹れた図。
フタなしで飲んでも、そこいらのカップより断然温度が長持ちします。
コーヒー好きな方にはカプセル式コーヒーマシンもオススメですねー。こんなに簡単に美味しいコーヒーが飲めるようになるとは。導入して生活が変わりました。
カプセル式コーヒーマシンまで詳しく取り上げると本題から逸れてしまうので、気になる方は↓のリンクをご参照ください(こちらはドルチェグストとは別のカプセル式コーヒーマシンですが)。
Hydro Flask(ハイドロフラスク)マグの話に戻りますと、4000円強する品物ですが管理人は買って大満足です。
1個、こうしたお気に入りのマグがあると執筆中のブレイクタイムも気分が上がるというもの。
作りも頑丈ですので、長く使える1個だと思います。そう考えると、思い当たったときに買ってしまって損はないかなと。
というわけで、Hydro Flaskのマグは
執筆中のコーヒーをゆっくり温かいまま味わいたい
冷たいドリンクを長時間おいしいまま飲みたい
結露するグラス、カップが嫌
そうそう壊れない頑丈なマグが欲しい
といった方にオススメです。ひとつ持っておくと、コーヒータイムが楽しくなりますよ!



まとめ

前回の机・椅子編から続き、後編の小物編を紹介しました!

どれもある程度コストがかかるものなので、悩むところではありますが…一度整えた環境は長期に使えるものばかり

特に、10万円の給付金の使い道が決まっていないという方は、この機会に思い切った自己投資をしてもよいかもしれません。

管理人は引っ越しというタイミングで一気に環境を整えましたが、やはり気持ちがいいものですよ!

本日の記事は以上です。最後まで読んでくれてありがとうございました@空手チョップってどの辺が空手なの?管理人kei